ポラリスいい。ため息。

Polaris / Family
昨日今日と母が横でずっと冬ソナ見てるんですけども。良さがあんまり分からないからどうしょうもない。さっきから曖昧な相槌しか打ってない。ぼんやりだ。
ここ数日、いや、1月後半から一気に色々色々ありすぎてうんざりしてたんだけどもしかもそれに追い討ちをかけて「nilがーーーー」みたいな感じで久しぶりに思考がこう、衝動とノイズとブルーと重い天秤にまみれていたんだけどもそれもなんとかなりそうだ!やっと吹っ切れてきた。もうすぐ回復するだろう。凄いぜ自分。相変わらず根底にあるのは光だな。そういうことにしておこう。この世界はやばいよ。可能性と失敗に溢れまくりだ。衝動と後悔。両方抱えていいんだきっと。世界は凄い。どうしょうもないなと思いつつもやっぱりそれなりに気に入っているんだ。色々あるんだ。そう思った。ナハトリヒト。夜、光る。いい響きだね。お祈りみたいな言葉だ。吹っ切れそうなんだよありがとうね。
ぽらりす。Polarisの2ndアルバム。1stシングル(?)のPolarisしか持ってなかったんだけどこの前初めてこの2ndを聴いてはまった。やっぱZakさん凄いよなぁ。初めて1stのPolarisを聴いたときは「だめだーFishmansを思い出すー」とか思ってたけどFamilyになると別物として聴けるようになった。そしてすごくいい作品だと思う。私は「瞬間」が好きだな。

曖昧さと着慣れたTシャツの記憶
むつかしいキューバのリズムに乗れない僕
「瞬間」

もうすぐバレンタインだけどもさ。みんな気安く「くれ」って言いすぎだから!!「I AM 無職」って言うカード下げたい。いや、やっぱやだ。

nilはね。もういいの。立ち直った。うん、もういいのだ。色々と好きなことには代わりがないのさ。そういうことなのだ。私の中では落ち着いた。

ねぇ。本当にポラリスいいねぇ。いい音だよね。いいリズムだ。いい声だ。

「ひさしぶり。」
君に会えてよかった
「檸檬