今日は父の七回忌に行ってきました。父の命日が来ると決まってZIGZOの解散を思い出す。同時期だったから。春は終わりの季節なんだなと思いました。そう言えばNTTフレッツ光のCM、SMAP旅立ちの日にを歌ってるやつはなんだかじんとしませんか。あの曲はよく合唱で歌ってたな。名曲。今は蛍の光仰げば尊しよりあの曲を使うことが多いらしい。
そして昨日の風は強かったですね。ベランダに出してた猫が飛ばされるんじゃないかと冷や冷やでした。春の嵐。春の突風はいきなり何かが始まる気がして嫌いじゃないです。昔は春は急に全てがスタートさせられるような問答無用の力強さや生命っていうどろどろしたものが息巻いている気がして好きじゃなかったのですが、最近好きになりました。生暖かさと突風。いてもたってもいられない感じ。せきたれられる様にして走り出したくなる感じがしっくりくるかな。
昨日は羅針盤ゴーイングアンダーグラウンドを交互に聴いてまったりと夜を過ごしました。


CDを無闇に買い捲る生活を改めております。
高校生のときみたいにたった数枚のアルバムに期待と妄想を込めて毎日生活するのもいいかなと。今は4月のFOWと5月のバトルズに胸をきゅんきゅんとさせています。