eastern youth / 旅路ニ季節ガ燃エ落チル


旅路ニ季節ガ燃エ落チル

旅路ニ季節ガ燃エ落チル


イースタンユースの1998年のメジャー作。
思えば98年の邦楽シーンは本当に良作が多い。


彼らはこの後も多くの名盤を産み出しているのだが、自分が初めて出会い、大きな衝撃を受けたのでこの作品を選んだ。


eastern youthというバンド名からは一瞬オイやポップパンクな音を想像するもかもしれないが、実際は大きく異なり、残酷なくらいにストイックで重い。そこにキッズへの安易な共感はない。
パンクの系譜と言うよりはDCHC寄りの系譜と言えるのではないだろうか。
吉野さんの叩きつける様に歌う日本語の世界は余りにヘヴィだが、だからこそ、生々しい。
ベースに歌謡曲がありそうな和製なメロディもちぐはぐにはならず、イースタンの音に溶け込んでいると思う。
佐伯祐三氏のジャケットが全てを表しているかのようなそんな作品だ。荒々しく、重く、枯れ果てそうなのにしかし芯にある叫びがとにかく熱い。
最後の最後に「歌は夜空に消えてゆく」と歌ってしまう事の真摯さ。


ブッチャーズとイースタンは90年代の日本のオルタナを紐解く上で必ず浮上するバンドなのではないだろうか。
ざらついた音、イラつきを振り落とすかのような速さ、諦念とその裏にある叫び。ヒリヒリとする空気。
90年代を取り巻く空気をリアルに鳴らした名盤だと思う。