20日発売のananの翔ちゃんヌード画像見て朝からふいた。
おはようございます。



おかあさんといっしょ」でNIRVANAのTシャツ着てる子がいたりするとついガン見してしまう。
全国ネットで夕方に再放送されて、更に何週かで再放送もされるっていうわが子の晴れ舞台。一張羅着てる子供も多い中で敢えてNIRVANA選ぶってどんだけー。どんだけなのー。「お主も好き者よのう」とニヤニヤしてしまう。最近の子供服ってストーンズのべろんちょととか、KISSのまであってビックリする。


なんかさ、最近ふと思ったのは。
自分探しとかしちゃうのって大2病かしら?私は大2病がとても長くて、またその頃メインにはてなを書いていた。なので、今現在はてなを書くとき、当時のような気持ちで書かないと書かないとと思っいたから最近更新しにくいんだろうなと思った。今更あんな青臭いことは書けないし。青臭いことは好きだけれども、なんて言うか当時のマインドがないので、あの頃のような青いことを上手く書き表すことが出来ない。
LOST IN TIMEBUMP OF CHICKENは初期の頃が好きなんだけど、今の彼らに初期の音を求めることがないのと似たようなもんか。人はいい意味でも悪い意味でも大人になるものだ。妙なものを拾ったり繊細な感情を落っことしたり、強くなったり弱くなったり、大事なものが増えたり減ったり、そんな風に変わっていくものだから。青さにあふれた1stアルバムを作ったアーティストが2ndアルバムや3rdアルバムで大コケしたとしても、彼らは大コケしたくてそんな風になっちゃったんだろうか。保守的になっただけ?本当に?


私は自分に正直になればなるほど昔みたいな文は書けないんだろう。不器用だし。
パワポみたいなキラキラとした音を作る職人芸や衝動と共にあるパンクのような音楽を目指せばいいんだろうけど。見るのは読むのは聴くのは好きだけど、「自分が出来るか」っていうと微妙だ。あぁ器用になりたいものだ。


最近SNOOZER読んでないんだけど、タナソウはまだあの頃のタナソウなのかしら。後で本屋に行ったらスヌーザー見てみようかな。


そうだ私が去年一番ビックリした音楽ニュース!!それはラルクのtetsuが改名したことだ。あれはたまげた。